Page 5 of 42  « First  ... « 3  4  5  6  7 » ...  Last » 

Bingが登場から、3週間が経過しネットで見かける話題も落ち着きつつあるようです。

今回は、このブログで3回目となる地域別検索エンジンシェアの分析を行ってみました・・・

・・・が、あまり変わりばえしないデータだったので後回しにし、趣向を変えてGoogle TrendsからBingの動向を追いかけてみたいと思います。

 

Google Trends から見るBing動向

※Google Trends(グーグルトレンド)は、ある単語がGoogleでどれだけ検索されているかというトレンドをグラフで見るツールですので、本来の動向を表しているか?といった点や、公平性は?といった問題が思い当たりますが、それらを理解した上で参考情報程度に捉えると面白いかと思います。

 

まずは、Bingというキーワードの動向から。

Google Trends から見る"Bing"の動向(すべての国/地域)

公開前の5/29と公開後の6/3にピークがある事が読み取れます。

これに対し"Bing"の話題をさらったと言われているキーワード"Google Wave"を重ねてみると・・・

 

Google Trends から見る"Bing"と"Google Wave"の動向(すべての国/地域)

意外や意外、"Google Wave"より"Bing"というキーワードの方が、関心が高い事が読み取れます。

青:"Bing"、赤:"Google Wave"

正直、海外では"Google Wave"の方が、話題性が高いと信じていたので意外な結果でした。

"Google Wave"と"Bing"でググって上位にでてくる次の記事でも、その様に記載されています。

「MicrosoftのBingはGoogle Waveに話題をさらわれて散々の船出」

http://jp.techcrunch.com/archives/20090528what-just-happened-thursday-was-supposed-to-be-bing-day/

そしていよいよ2009年5月28日がやってきた。今日はBingの日になるはずだった。

Google Trendsでは、5/28時点でも"Google Wave"よりも"Bing"というキーワードの関心が高い事が読み取れます。

「「Google Wave」は、グーグルのマイクロソフト化を示すものか? - オール・アバウト・マイクロソフト - ZDNet Japan」

http://japan.zdnet.com/sp/feature/07microsoft/story/0,3800083079,20394157,00.htm

マイクロソフトが「Bing」を発表した日、グーグルは「Google Wave」を発表し、BingはWaveにかき消されてしまった。だが、Waveはグーグルによるロックインを可能にするのではないか?

 

Google Trends から見る"Bing"と"Wave"の動向(すべての国/地域)

ん~ "Google Wave"ではなく"Wave"という単語で調べてみると5/29,5/30は、検索数で"Bing"を上回っていますね。

青:"Bing"、赤:"Wave"

またニュースの参照数では、ちょくちょく上回っているので話題を奪っていると言えなくもなさそうです。

んが、Google意外の"Wave"も含まれていると思うので、それをどう考慮すべきか・・・

ま~ Google Trendsも一つの傾向を読み取るネタとしては面白い物です。

 

 

地域別検索エンジンのシェア(Google , Bing , Yahoo! , Ask , Baidu , Naver)

毎度ながら、StatCounterを利用し2009/6/1~2009/6/21の期間の地域別検索エンジンのシェアを調べてみました。

WorldWideの検索エンジンシェア

 

米国の検索エンジンシェア

 

日本の検索エンジンシェア

 

中国の検索エンジンシェア

ん~アクセス規制が解除されたのでしょうか?

0.05%ですが、Bingが4位と上昇してきたようです。

 

韓国の検索エンジンシェア

 

アジア地域の検索エンジンシェア

 

ヨーロッパ地域の検索エンジンシェア

 

オセアニア地域の検索エンジンシェア

 

こうやって並べてみて一点変化があったのは、中国ですね。

アクセス規制が解除されたのか、Bingのシェアが0.05%で4位と上昇しています。

 

ネット上のBingに関する記事(2009/6/12~2009/6/19)。

最後にネット上の記事を見かけては集めていたので、時系列順に並べてみたいと思います。

(気になった主な記事で、サイトが異なり重複する記事を省いた物。)

2009年6月12日

「「業界別サイトパフォーマンス動向(2009年6月)」の発表について:ゴメス・コンサルティング株式会社」

http://www.gomez.co.jp/company/press/090612c.html

 

2009年6月13日

「Bing、トップページの表示速度でグーグル、ヤフーに及ばず - ITmedia エンタープライズ」

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0906/13/news006.html

同社が日本で提供されている12の検索サービスについて、トップページの表示速度を調べた。1位はマーズフラッグの「MARS FLAG」で0.224秒だった。2位は「Google」(0.374秒)、3位は「Yahoo! JAPAN」(0.538秒)だった。
マイクロソフトの新検索サービスであるBingは0.795秒で5位。一般的な検索サービスと比べると高いパフォーマンスだが、先行するグーグルとヤフーの検索サービスには及ばなかった。

 

2009年6月15日

「「Bing」公開からの1週間でMicrosoftの検索シェアが上昇,米社調査:ITpro」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090615/331917/

検索エンジン・マーケティング会社の米Efficient Frontierは,米国時間2009年6月11日,米Microsoftの検索サービス「Bing」の利用シェアに関する調査結果を公表した。Bing 公開からの1週間(6月1~7日)と,その前週(5月25~31日)とを比較したところ,インプレッション数(広告表示回数)は19.8%,広告クリック数は8.1%伸びていたという。

「『Bing』、公開後1週間で広告リンククリック件数シェア拡大 - japan.internet.com Webマーケティング」

http://japan.internet.com/wmnews/20090615/12.html

「グーグル、MS新検索エンジン「Bing」対策に乗り出す?–米報道:ニュース - CNET Japan」

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20394965,00.htm

「MicrosoftのBingに翻訳機能 - ITmedia News」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/15/news009.html

「SafeSearchをオフにしても安全:Microsoft、Bingのアダルト動画対策を強化 - ITmedia News」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/15/news026.html

「MS、「Bing」のポルノフィルタ機能に変更を追加:ニュース - CNET Japan」

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20394940,00.htm

 

2009年6月16日

「GoogleはBingを脅威とみている? - スラッシュドット・ジャパン」

http://slashdot.jp/it/article.pl?sid=09/06/16/1311258

 

2009年6月17日

「Bing Continues to Show Growth in Search Activity, According to comScore - comScore, Inc」

http://comscore.com/Press_Events/Press_Releases/2009/6/Bing_Continues_to_Show_Growth_in_Search_Activity_According_to_comScore

 

2009年6月18日

「MSの新検索エンジン「Bing」、好調な伸びを維持–コムスコア調査:ニュース - CNET Japan」

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20395184,00.htm

6月8日~12日の週中に、Microsoftの検索エンジンシェアは、ユーザー数ベースで16.7%、総検索回数ベースで12.1%を記録し、Bingの公開前と比べると、ともに3ポイントの増加となった。

「【comScore調査】 マイクロソフトの「Bing」、公開2週目で検索市場シェア16.7%を獲得 : Microsoftウォッチ - Computerworld.jp」

http://www.computerworld.jp/topics/ms/151209.html

 

2009年6月19日

「MicrosoftのBing、シェア拡大続く - ITmedia News」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/19/news005.html

「マイクロソフトの「Bing」、米国で検索シェア上昇中 - @IT」

http://www.atmarkit.co.jp/news/200906/19/bing.html

comScoreのシニアバイスプレジデント、マイク・ハート(Mike Hurt)氏は発表文の中で、「マイクロソフトのBingは、2週目も連続して市場からの関心を集め続けているようだ。これらの早期調査データは、初期段階にあるBingに対しての継続的で、好意的な反応を反映している」と述べている。

「Bing、ポルノコンテンツは explicit.bing.net 経由にすることでフィルタリングに対応 - スラッシュドット・ジャパン」

http://slashdot.jp/articles/09/06/19/004253.shtml

 

これらの記事から、Bing公開2週目のネタはシェア拡大・表示速度・翻訳機能・フィルタ機能といった所でしょうか。

Bingのネタも落ち着きつつあるので、次は米国あたりでYahoo! のシェアを再び上回る等のネタでも出てこないですかね~

遅ればせながら、Ask.jpの検索サービスは2009年6月26日をもって終了するとのアナウンスに気付きました。

後4日なのですね。

「プレスリリース:アスク ドット ジェーピー」

http://static.ask.jp/docs/release/090612.html

この度、株式会社アスク ドット ジェーピーは、法人向けソリューションに特化する事業再編と共に、
以下のとおりAsk.jp検索サービス(www.ask.jp)を終了いたします。

【終了対象サービス】
・ 6月25日: Ask.jp(ウェブ検索、ブログ検索、商品検索、カテゴリ検索)

尚、以下のサービスは引続き法人向けに提供してまいります。

【提供継続サービス】
・ メディア向け動画広告配信ソリューション
・ ビデオパネル
・ 動画配信API
・ ウェブサイト構築/制作サービス

 

どうやら、法人向けソリューションに特化するため検索サービスを終了するとの事。

 

 

「Ask.jp、検索サービスを6月25日に終了:ニュース - CNET Japan」

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20394871,00.htm

「「Ask.jp」検索が終了 一般向けサービス撤退 - ITmedia News」

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/12/news066.html

「検索サービス「Ask.jp」が6月25日に終了」

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/06/12/23777.html

「Ask.jp 終了かぁ - gdgd の日記」

http://slashdot.jp/~gdgd/journal/479105

 

検索エンジン市場は、Bingの登場・Naverの日本再進出等、動きが活発化しており目が離せない状況です。

例によってGIGAZINEで見かけた頃から気になっていました。

最初にjQueryを知ったのは↓この記事でした・・・3年前なのですね。。

「いろいろな効果を追加できるJavaScriptライブラリ「jQuery」 - GIGAZINE」

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060706_jquery/

丁度、この頃から開発に縁が無くなり今まで放置。。

そして今年の初めあたりに、jQueryがVisual Studio のインテリセンスに対応した事を知り、MS社にしては、めずらしい対応だと再度興味を持っていた所でした。

 

まずはjQueryの公式情報。

「jQuery: The Write Less, Do More, JavaScript Library」

http://jquery.com/

 

次にjQuery 1.0~1.3.2までの21本を集めてみました。

どのバージョンもファイル一つで完結しておりコンパクトで扱いやすそうな感じです。

「[Ajax] jquery-1.3.2 Framework 構造解析」

http://s.drmg.net/chd/ajax/htm/1_A_1_3_2_0_jquery-1.3.2.htm

※アクセスするときは、IE6~8でアクセスするとjQueryのオブジェクト構造を読み取れる様になっています。

 

使い方やサンプルは、ネット上に数多くあるので有用そうなサイトをメモっておきます。

■GIGAZINE

「知っておいて損はないAJAXやCSSを駆使したタブインターフェース18種類 - GIGAZINE」

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070419_tab_ajax/

「実際にスクロールするまで画像を読み込ませない「Lazy Load Plugin for jQuery」 - GIGAZINE」

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070911_lazy_load_plugin_for_jquery/

「知っておいて損はないAJAXやCSSを駆使したタブインターフェース18種類 - GIGAZINE」

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070419_tab_ajax/

「スムーズに画像を拡大するかなり導入が簡単なJavaScript「FancyZoom」 - GIGAZINE」

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080208_fancyzoom/

■公式サイトからのチュートリアルサイトへのリンク

「jQuery逆引きリファレンス - jQuery 1.3.2 日本語リファレンス」

http://semooh.jp/jquery/ref/

「jQuery 開発者向けメモ」

http://www.mikage.to/jquery/

「jQueryの魔法 - [JavaScript]All About」

http://allabout.co.jp/internet/javascript/closeup/CU20071020A/

「他のコードとの衝突を避けるテクニック - [JavaScript]All About」

http://allabout.co.jp/internet/javascript/closeup/CU20071125A/index2.htm

■その他

「jQuery入門(その1):CodeZine」

http://codezine.jp/article/detail/3672

「Part4 ●JavaScriptライブラリ「jQuery」で楽々プログラミング:ITpro」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090127/323635/

「一日で学ぶ jQuery ( ラボブログ )」

http://blog.spicebox.jp/labs/2009/04/_jquery.html

「デザイナー・コーダー必見!使えるform関連jQueryプラグインの数々 | バシャログ。」

http://c-brains.jp/blog/wsg/09/05/27-200803.php

「[JS]jQueryのプラグイン33+1選 -2009年6月 | コリス」

http://coliss.com/articles/build-websites/operation/javascript/jquery-plugins-best-2009-jun.html

「jQuery Ajax tutorials, jQuery UI examples and more! - The Ultimate jQuery List」

http://jquerylist.com/

 

さてと、かなり出遅れている感はありますが、jQueryの勉強をぼちぼち進めようかなと・・・。

どうやら、NAVER先行体験に当選?したようです。

【NAVER】 先行体験へのご招待
DRMGさん

こんにちは。
NAVER事務局です。

このたびは、NAVER先行体験にご応募いただきまして、
誠にありがとうございました。

多数の応募の中から抽選の結果、先行体験ユーザーとして
DRMGさんが【ご当選】されました。

下記の専用URLより会員登録のうえ、ぜひご体験ください。

という訳で、さっそく登録してみました。

トップページ

ん~中央の黒帯の部分が動いていますね。

黒帯左のNAVERの文字が表示されている所の文字により、黒帯右に関連情報が表示されています。

 

次に左下の「NAVERまとめ」が目に入ってきました。

 

「NAVERまとめとは? ‐ NAVERまとめ」

http://matome.naver.jp/user_guide/

ん~これはいわゆる、マイリンク集ですかね。

単なるリンク集だけではなく、画像・動画・ワード集・発言集・フリートークといった観点のまとめ機能も盛りこまれている様です。

人の判断が介在しているという点で、良い影響も悪い影響もあるでしょう。

その辺りは"お気に入り"、"お気にいられ"とやらの評価情報で制御されればよいのですが・・・上手く機能すればNAVERの強みとなりそうです。

 

「NAVERツールバー」

http://toolbar.naver.jp/

FireFoxでダウンロードし実行した所、IEにインストールされてしまいました・・・

Microsoft Windows 2000/XP/Vista, Internet Explorer 5.5以上 / Firefox版NAVERツールバーは、近日公開予定です。

どうやら、FireFox版はまだ公開されていなくIE版がダウンロードされたようです。。

ツールバーで便利そうなのは、「まとめに参加」と「画面キャプチャ」ですね。

「まとめに参加」は、上記で紹介した「NAVERまとめ」を行えるNAVER独特の機能となっています。

画面キャプチャの"マウスクリック"は、HTMLのエレメント毎にキャプチャ範囲を選択でき、ちょっと新鮮でした。

その他、管理メニューになにか隠されていないか一通り見てみましたが、他には興味を引いた機能はありませんでした。

「まとめに参加」を頻繁に使う場合は、重宝しそうです。

 

時間が遅いので、今日はこの辺りにしておきます。

 

ざっくり触ってみてNAVERの肝は「機械的な検索エンジン」+「人手によるまとめ群」かな~と感じました。

「人手によるまとめ群」にあたる「NAVERまとめ」から、頻繁に有効な情報を得られる様になればNAVERの大きな強みとなるやも知れません。

検索エンジンである、BingがWorldWideでのシェア2位を一瞬だけ獲得し1週間程経過しました。

「Bing がシェア2位に! 地域別検索エンジンシェア分析(Google , Bing , Yahoo! , Ask , Baidu , Naver)」

http://news.drmg.net/archives/bing_baidu_naver_ask_google_yahoo_share.html

 

その後のシェアは、どのように変化しているか調べてみる事にします。

前回、同様StatCounterを利用し2009/6/1~2009/6/12の期間を調査。

 

WorldWideの検索エンジンシェア

Bingのシェアは6/4に2位に浮上し翌日から3位に落ち着いている程度の、ざっくりとした情報が読み取れます。

次の棒グラフからも、3位を維持している事が読み取れます。

もう少し詳しく数値を見るためCSVファイルに出力し色付けをしてみたのが、次の表です。
(主にBingの動向を分かりやすくするため、赤 2% < 黄 3% < 緑4% で配色。)

Date

Google

Yahoo!

bing

Baidu

AOL

Other

2009/6/1

90.45

5.09

2.07

0.43

0.41

1.55

2009/6/2

89.71

4.98

3.65

0.41

0.40

0.84

2009/6/3

89.55

5.31

3.46

0.39

0.41

0.87

2009/6/4

87.66

5.17

5.56

0.39

0.39

0.83

2009/6/5

89.25

5.17

3.86

0.44

0.40

0.89

2009/6/6

90.48

4.96

2.79

0.52

0.42

0.83

2009/6/7

90.88

4.94

2.48

0.38

0.44

0.87

2009/6/8

90.26

5.26

2.77

0.43

0.42

0.86

2009/6/9

90.14

< span style="font-family: ms pゴシック">5.31

2.85

0.43

0.41

0.85

2009/6/10

89.93

5.25

3.14

0.45

0.40

0.82

2009/6/11

89.51

5.29

3.52

0.48

0.39

0.81

2009/6/12

89.59

5.23

3.45

0.54

0.40

0.78

(単位:%)

Bingのシェアは、2009/6/7に2.48%と底をうち、3%台まで回復している事が読み取れます。

後は、GoogleとYahoo!のシェア増減との関連を読み取れると面白そうなのですが、数値が微妙すぎますかね。。

Bingのシェアが向上したときにGoogleのシェアが落ちているっぽく見える事に対して、Yahoo!ユーザーはそれほど気にしていない印象を受けますが、もう少しデータが欲しい所です。

 

米国の検索エンジンシェア

米国のBingシェアは、Yahoo! 11.2%に対してBing 8.67%とYahoo!に迫っています。

 

日本の検索エンジンシェア

日本のBingのシェアは、1%台半ばを維持しています。

20%台半ばのYahoo!に迫るには、相当難しいでしょうね。

 

中国の検索エンジンシェア

中国のBingのシェアは・・・あらら欄外ですね。。

先週、調べた時は確かに5位に名前が掲載されていました。

金盾 Great Firewall of China(GFW)によるアクセス規制は、まだ続いているのでしょうかね?

 

韓国の検索エンジンシェア

韓国の検索エンジンシェアは、2009/6/9に大きな動きが見られますね。
(主にBingの動向を分かりやすくするため、赤 0% < 黄 5% < 緑 10% で配色。)

Date

Google

Yahoo!

Naver

bing

Ask Jeeves

Other

2009/6/1

75.46

12.22

10.95

0.19

0.44

0.74

2009/6/2

76.59

11.55

10.25

0.85

0.31

0.45

2009/6/3

75.27

12.31

10.50

1.28

0.29

0.35

2009/6/4

75.52

12.10

10.69

1.07

0.30

0.33

2009/6/5

74.96

12.58

10.49

0.94

0.32

0.73

2009/6/6

74.28

13.46

10.54

0.74

0.43

0.55

2009/6/7

75.78

12.79

9.51

0.88

0.45

0.58

2009/6/8

73.33

11.72

12.45

1.80

0.24

0.45

2009/6/9

68.43

11.10

9.39

10.27

0.32

0.50

2009/6/10

72.70

11.06

9.71

5.86

0.27

0.40

2009/6/11

71.07

11.61

10.73

5.85

0.31

0.42

2009/6/12

72.10

11.97

10.55

4.59

0.35

0.43

(単位:%)

何か大々的な宣伝があったのでしょうか、一時的にBing が韓国発の検索エンジンNaverを上回っている点は興味深い結果です。

その翌日には、一気に半分に落ち込んでいるようですが。。

 

アジア地域の検索エンジンシェア

アジア地域のBingのシェアは、4位。

他は、あまり変化が無くGoogle >>> Yahoo! >> Baidu > bing > Ask の順。

 

ヨーロッパ地域の検索エンジンシェア

ヨーロッパ地域のBingのシェアは3位。

前回から、あまり変化はないですね。

 

オセアニア地域の検索エンジンシェア

オセアニア地域のBingのシェアは2位。

前回から、あまり変化はないですね。

 

 

Bingにとっての好材料は、韓国で一時的にシェアがNaverを上回った点と、米国でじわじわとシェアが拡大している点、オセアニア地域で2位をキープしている点が上げられます。

一方、中国はアクセス規制が続いているのか見込みなしですね。

その他は、横ばいで変化なしといった所です。

 

検索エンジンのシェアは、まだまだ興味深い動きを見せてくれそうです。