≪ ≪ ML110内蔵RAID vs Smart アレイ E200 ベンチマーク比較:ディスク速度ネタ Part.8 ML110内蔵RAID vs Smart アレイ E200 ベンチマーク比較:ディスク速度ネタ Part.10 ≫ ≫

ML110 G5 の内蔵RAIDのベンチマークを測るためSATAケーブル買ってきた(゚∀゚)アヒャ!

HP Directplusで販売中のML110 G5と、その推奨RAIDカードであるSmart Array E200を購入してあったので、いまさらSATAケーブルに費用をかけるつもりは無い。

そんなつもりで、ジャンク扱いの安いSATAケーブルを購入。

1本250円、5本買えば半額という投げ売り状態だったので750円で5本購入(゚∀゚) アヒャ! アヒャ!

 

で・・・前回の内蔵RAIDの方が明らかに速い計測結果・・・orz

ML110 G5の基本価格が48,300円に対して、31,500円のRAIDカード、Smart Array E200と気張って購入したのですけどねぇ。。

しかも↓2009/4/30時点でもパフォーマンスに優れたお奨め商品と謳っています。

そうそう、HPの奨める高めのディスクの方がRAIDコントローラーとの組み合わせで無駄がないのだろうな~と4本セットで購入した事が思い出されます。

そのディスクが実はSeagate製で不具合込みなのは、↓以前話した通り・・・
「Seagateのディスク不具合にHP USB Floppy Drive Key がやっと役に立つかとおもいきや・・・」
http://b.drmg.net/archives/hp-usb-floppy-drive-key_seagate_firmware.html

 

このSmart Array E200の驚くべきパフォーマンスを、ML110 G5の内蔵RAIDと比較し紹介しよう・・・orz

RAID0 ディスク4本構成のベンチマーク結果

前回の計測結果。

ML110 G5内蔵RAIDを使った DISK4本RAID0構成のベンチマーク結果。

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 410.295 MB/s
Sequential Write : 388.986 MB/s
Random Read 512KB : 46.742 MB/s
Random Write 512KB : 108.137 MB/s
Random Read 4KB : 0.731 MB/s
Random Write 4KB : 4.861 MB/s

Test Size : 1000 MB

Smart Array E200を使ったDISK4本RAID0構成のベンチマーク結果。

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 265.934 MB/s
Sequential Write : 47.325 MB/s
Random Read 512KB : 48.029 MB/s
Random Write 512KB : 39.686 MB/s
Random Read 4KB : 0.739 MB/s
Random Write 4KB : 4.443 MB/s

Test Size : 1000 MB

 

ん~キャッシュ関係の影響?

確かSmart Array E200には、バッテリーが搭載されておりディスクへの確実な書き込みを行えるよう、ディスクの物理キャッシュが無効になってたなぁと思いだす。

↓ディスクの物理キャッシュを有効にした結果。

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 241.858 MB/s
Sequential Write : 82.650 MB/s
Random Read 512KB : 47.127 MB/s
Random Write 512KB : 82.837 MB/s
Random Read 4KB : 0.733 MB/s
Random Write 4KB : 9.007 MB/s

Test Size : 1000 MB

ん~ Writeは速くなりましたねぇ。

次はSmart Array E200の128MBのメモリの割り当て量を変更してみる。

Read 50%, Write 50%と割り当てているので、これを全てReadに割り当てて計測。

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 239.101 MB/s
Sequential Write : 82.585 MB/s
Random Read 512KB : 48.005 MB/s
Random Write 512KB : 82.606 MB/s
Random Read 4KB : 0.726 MB/s
Random Write 4KB : 8.915 MB/s

Test Size : 1000 MB

変わりませんね。。

アレイ アクセラレーターの有効・無効というパフォーマンスに影響のありそうな設定を変更してみる。

元々、有効だったため無効に変更し計測。

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 250.197 MB/s
Sequential Write : 251.729 MB/s
Random Read 512KB : 46.238 MB/s
Random Write 512KB : 108.281 MB/s
Random Read 4KB : 0.690 MB/s
Random Write 4KB : 4.352 MB/s

Test Size : 1000 MB

なんじゃこりゃ・・アレイ アクセラレーターがボトルネック?

これが限界性能だとすると・・・セット販売で内蔵RAIDよりも圧倒的に遅く、アレイアクセラレーター自体がボトルネックとなる製品を「パフォーマンスに優れたRAIDコントローラー」と謳ってセット販売している事になりますねぇ。

うーんJAROに聞いても良いレベルなのだろうか・・・?

サーバー基本セットに近い価格のRAIDカードなので、正直期待していたのですが残念です。。

こんな事ならば、Smart Array E200を購入せずにDISKも独自に調達すればよかった。。5万位は浮いたかなぁ~

ひょっとすると、私の認識不足で他に上手い設定方法が実はあったり、Smart Array E200の個体不良の可能性も考えられなくはないのでHP Directplusのお客様センターでも探して聞いてみるかな。。。

 

ちなみにアレイアクセラレーター無効、物理キャッシュ無効でパフォーマンス計測を行った結果。

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 262.078 MB/s
Sequential Write : 17.281 MB/s
Random Read 512KB : 46.314 MB/s
Random Write 512KB : 15.671 MB/s
Random Read 4KB : 0.678 MB/s
Random Write 4KB : 0.609 MB/s

Test Size : 1000 MB

すべてのキャッシュが無効になっている状態だと、Write性能はこの程度なのですね。

 

検証用途なので内蔵RAIDの速度は非常に魅力的です。

さてSmart Array E200は、 どうしようか・・・orz

 

つづく

≪ ≪ ML110内蔵RAID vs Smart アレイ E200 ベンチマーク比較:ディスク速度ネタ Part.8 ML110内蔵RAID vs Smart アレイ E200 ベンチマーク比較:ディスク速度ネタ Part.10 ≫ ≫

関連記事

Google Ads

Leave a Reply

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>