≪ ≪ Smart アレイ E200 ベンチマーク(RAID5):ディスク速度ネタ Part.6 Mebius のモニター募集中らしいが・・・募集終了はやっ!! ≫ ≫

Smart Array E200上でRAID1構成の速度計測を行う。

RAID1は、2台以上のディスクに同じ内容を保持する事でディスク障害に備えるシンプルな構成。

速度は、DISK1本と同等となるハズなので、その辺りを確認する。

 

計測結果

Smart Array E200でRAID1を組めるのは、ディスク2本構成のみ。

計測結果(RAID1, Stripe Size 128KB, Test Size 1000MB)
 

RAID1
2本

Sequential Read

116.573

Sequential Write

14.160

Random Read 512KB

44.540

Random Write 512KB

16.399

Random Read 4KB

0.639

Random Write 4KB

2.541

(単位:MB/s)

以前の計測結果(RAID0, Stripe Size 128KB, Test Size 1000MB)
 

RAID0
1本

RAID0
2本

RAID0
3本

RAID0
4本

Sequential Read

116.457

195.794

236.645

265.934

Sequential Write

14.048

25.636

37.605

47.325

Random Read 512KB

42.604

46.080

46.998

48.029

Random Write 512KB

15.167

24.105

37.420

39.686

Random Read 4KB

0.629

0.654

0.705

0.739

Random Write 4KB

2.481

3.259

3.875

4.443

(単位:MB/s)

考えていた通り、今回の計測結果は、RAID0 のディスク1本構成の計測結果と、ほぼ同じになりました。終了~

前回の様にグラフにするまでもないですね・・・

 

 

CrystalDiskMarkの結果ファイルをCSVファイルに変換(行列入れ替え版)

ん~ ネタが少ないので、以前作成した「CrystalDiskMarkの結果ファイルをCSVファイルに変換」するWSHスクリプトの結果CSVの行例入れ替え版を紹介しときます。

スクリプトの内容は、↓のとおり、50行程度の簡単な内容となっています。

 

次のリンクからダウンロードでき、解凍後の"CrystalDiskMark_txt2Csv_x.js"が今回のスクリプトファイルとなります。

//////////////////////////////////////////////////////////// 
// 
// CrystalDiskMarkの結果ファイルをCSVに変換 
// (CrystalDiskMark_txt2Csv.jsの行列入れ替え版) 
// 
//--------------------------------------------------------- 
// 2009/4/8 NEW DRMG 
//////////////////////////////////////////////////////////// 
//情報収集 
var fso    = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject"); 
var fld    = fso.GetFolder("."); 
var fls    = new Enumerator(fld.files); 
var dat    = new Array(); 
for (; !fls.atEnd(); fls.moveNext()) 
{ 
    if (fso.GetExtensionName(fls.item().Name) != "txt")continue; 
    var stm            = fso.OpenTextFile(fls.item(),1); 
    var wrk            = stm.ReadAll(); 
    stm.Close(); 
    var datIx        = dat.length; 
    dat[datIx]        = new Object(); 
    dat[datIx].name    = fls.item().Name; 
    dat[datIx].seqr    = wrk.match(/Sequential Read :s+([0-9.]*)s/)[1]; 
    dat[datIx].date    = wrk.match(/Date :s+([0-9/:s]*)rn/)[1]; 
    dat[datIx].seqw    = wrk.match(/Sequential Write :s+([0-9.]*)s/)[1]; 
    dat[datIx].rmr5    = wrk.match(/Random Read 512KB :s+([0-9.]*)s/)[1]; 
    dat[datIx].rmw5    = wrk.match(/Random Write 512KB :s+([0-9.]*)s/)[1]; 
    dat[datIx].rmr4    = wrk.match(/Random Read 4KB :s+([0-9.]*)s/)[1]; 
    dat[datIx].rmw4    = wrk.match(/Random Write 4KB :s+([0-9.]*)s/)[1]; 
} 

//出力 
var rtn = ""; 
var row = new Array(); 
row[row.length] = {key:"name",name:"FileName"}; 
row[row.length] = {key:"date",name:"Date"}; 
row[row.length] = {key:"seqr",name:"Sequential Read"}; 
row[row.length] = {key:"seqw",name:"Sequential Write"}; 
row[row.length] = {key:"rmr5",name:"Random Read 512KB"}; 
row[row.length] = {key:"rmw5",name:"Random Write 512KB"}; 
row[row.length] = {key:"rmr4",name:"Random Read 4KB"}; 
row[row.length] = {key:"rmw4",name:"Random Write 4KB"}; 
for (var numRow=0;row.length>numRow;numRow++) 
{ 
    rtn += row[numRow].name; 
    for (var numCol=0;dat.length>numCol;numCol++) 
    { 
        rtn +=","+dat[numCol][row[numRow].key]; 
    } 
    rtn += "rn"; 
} 
var stm = fso.CreateTextFile(WScript.ScriptName+".csv", true); 
stm.WriteLine(rtn); 
stm.Close(); 

 

Download:CrystalDiskMark_txt2Csv.zip

使い方は簡単で、WSHが動作する環境でCrystalDiskMarkの結果毎に拡張子"txt"でファイルに保存し、同一フォルダに"CrystalDiskMark_txt2Csv_x.js"を配置し実行するだけ。

  • CrystalDiskMarkの結果である↓を、拡張子"txt"のファイルに保存する。
    ————————————————–
    CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
    Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
    ————————————————–

    Sequential Read : 145.993 MB/s
    Sequential Write : 17.712 MB/s
    Random Read 512KB : 163.162 MB/s
    Random Write 512KB : 39.895 MB/s
    Random Read 4KB : 29.581 MB/s
    Random Write 4KB : 6.740 MB/s

    Test Size : 50 MB
    Date : 2009/04/12 6:53:47

  • こんな感じでファイルを同一フォルダに配置し"CrystalDiskMark_txt2Csv_x.js"を実行する。

  • すると↓のようにCSVファイルが出力されます。

  • 作成された" CrystalDiskMark_txt2Csv_x.js.csv"ファイルの中身は、txtファイルを集約した結果で、次のテキストがその一例です。
    FileName,HP250GB_E200_RAID1_0050MB_W2008_NoCach_1.80.txt
    ,HP250GB_E200_RAID1_0100MB_W2008_NoCash_1.80.txt
    ,HP250GB_E200_RAID1_0500MB_W2008_NoCash_1.80.txt
    ,HP250GB_E200_RAID1_1000MB_W2008_NoCash_1.80.txt
    Date,2009/04/12 6:53:47,2009/04/12 6:48:06,2009/04/12 6:41:43,2009/04/12 6:17:33
    Sequential Read,145.993,131.133,118.109,116.573
    Sequential Write,17.712,16.464,14.925,14.160
    Random Read 512KB,163.162,81.325,47.748,44.540
    Random Write 512KB,39.895,19.967,15.584,16.399
    Random Read 4KB,29.581,1.836,0.700,0.639
    Random Write 4KB,6.740,3.421,2.557,2.541

このような流れで、複数のCrystalDiskMarkの結果を比較しやすい形のCSVファイルに加工できます。

今回のCrystalDiskMarkの複数"txt"ファイルをCSV形式に集約する場合はもちろん、50行程度の簡単なスクリプトなので少しカスタマイズするだけで様々な場面で応用が効きますので、お試しください。

・・・ここまで紹介しておいてなんですが、実はExcelで簡単に行列入れ替えられるという話も・・・(ゲホゲホ

 

 

これらの一連の検証でSmart Array E200で可能なRAID構成 RAID0, 1, 0+1, 5と一通りの検証を行いました。

次はHP ML110 G5の内蔵RAIDのベンチマークを計測し、Smart Array E200のパフォーマンスメリットを検証する方向性や、"裸族の二世帯住宅"上でのパフォーマンス計測を行うのも面白そうだと考えている所ですが、まだ手を付けていない情報処理技術者試験の学習等もあり何時ごろになることやら。。

 

つづく・・

≪ ≪ Smart アレイ E200 ベンチマーク(RAID5):ディスク速度ネタ Part.6 Mebius のモニター募集中らしいが・・・募集終了はやっ!! ≫ ≫

関連記事

Google Ads

Leave a Reply

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>