≪ ≪ Notesからの乗り換え候補 Oracle OpenWorld Tokyo 2009レポート最後のページに・・・MCP ワロタ ≫ ≫

WordPressの構築に関しては、色々なサイトに情報がありますし分かってしまえば難しい内容ではないので参考にしたサイトを紹介します。

WordPress公式サイト情報

まずは、公式サイトの情報ですね。

「WordPress | 日本語」
http://ja.wordpress.org/

動作環境
WordPress 日本語版 2.5 以降
・PHP バージョン 4.3 以上
・MySQL バージョン 4.0 以上
WordPress 日本語版 2.3
・PHP バージョン 4.2 以上
・MySQL バージョン 4.0 以上

↑動作環境を調べて
↓インストールの手順に従いインストール。

「WordPress | 日本語 ≫ インストール」
http://ja.wordpress.org/install/

インストール
1.zip ファイルを空のディレクトリに展開します。
2.WordPad などのテキストエディタで wp-config-sample.php を開き、データベースの接続情報 (データベース名、ユーザー名、パスワード、およびホスト名) を記入します。
3.このファイルの名前を wp-config.php として保存します。
4.すべてのファイルをアップロードします。
5./wp-admin/install.php をブラウザで開きます。これによりあなたのブログに必要なデータベースのテーブルが設定されるはずです。もしエラーが発生するようなら wp-config.php ファイルをもう一度確認し、再度このインストーラを試してください。それでも失敗する場合は、できるだけ多くのデータを集めてサポートフォーラムに行ってください。
6.パスワードが自動的に生成され表示されます。これをメモしてください。
7.その後、このインストールスクリプトはあなたをログインページに案内するはずです。ユーザ名 admin と、インストール中に生成されてメモしたパスワードを使ってログインしてください。このパスワードはログイン後、管理画面の「ユーザー」をクリックして変更することができます。

 

その他のサイト

概要は、上記の公式サイトの情報でよいのですが、次のサイト等を参考にすると、よりイメージが掴みやすいかと思います。

「WordPress インストールガイド」
http://wordpress.ser8.info/

レンタルサーバー毎にWordPressインストールの方法が記載されている点が助かりますね。

私は、XREAを利用しているので、次のサイトを参考にインストールを行いました。

「XREAにWordpressをインストールする」
http://wordpress.ser8.info/archives/category/xrea

 

WordPressをXREAへインストールした時に遭遇した事

WordPRessをXREAへインストールした時に遭遇した事や知っておくと役立ちそうな事を記述します。

  • 問題が発生した場合は大方Linuxの権限まわりの設定でした。
    XREAに限った話ではありませんね。
    たいがいの問題は、Linuxのファイルやディレクトリ権限を変更する事で対応。
    特殊な例としては、特定のプラグインでディレクトリを上手く作成できず、複数年分のフォルダを手動で作成するといった対応を行いました。
  • XREAの管理メニューからインストールできるWordPressのバージョンは、少し古い場合があります。
    私のレンタルしているサーバーは、WordPress2.2でした。
    このWordPress 2.2というバージョンは、タグクラウドが使えない事が分かったため、管理メニューのWordressインストールを使わずWordPress 2.7を手動でインストールし利用しています。
  • XREAのPHPは、セーフモードで動作します。
    PHPをCGIで動かす事で、セーフモードOFFで動作させる事が可能。
    「PHPをCGIとして動かす方法について - XREA&CORE SUPPORT BOARD」
    http://sb.xrea.com/showthread.php?t=10744
    ※セーフモードの制限で上手く動かない場合に利用すると動く場合があります。
  • PHPからファイルを作成した場合等で、オーナーがapacheとなる事があります。
    オーナーがapacheとなったファイルは、次のリンク先の情報の通り自動的にオーナーと権限が変更されます。
    「[重要] PHPから作成されるファイルの所有権の定期的な変更について - XREA&CORE SUPPORT BOARD」
    http://sb.xrea.com/showthread.php?t=11141

    モジュール版PHPから作成されたファイルは、ユーザー名:apache となります。 これはモジュール版という仕様上、避けられません。
    このため、パーミッションが適切ではない場合は、CGIやFTPからは操作できません。

    この問題に対応するため、管理画面から、所有者の変更ができるようになっておりますが、
    今後は、サーバー側で、自動的に、かつ、定期的に各ユーザー様の所有者名に変更させていただきます。

    具体的には下記の通りです。

    ファイルの所有者:apache のファイル、ディレクトリ全て

    ファイルの所有者:各ユーザー名

    ファイルのパーミッション:707
    (自ユーザー以外では読み書きできません。かつ、自分のCGI/PHPからは読み書きできます)


    注意事項

    ・今後、ディスク容量への反映が正確な使用値になります。
    ・変更されるのは、現時点では最低1週間に1回で、日曜日の朝5時~7時の間の作業になります。

 

WordPressサーバー構築に関しては、検索すると他にも結構な数がでてきますので、それらを参考にすると何とかなるでしょう。

≪ ≪ Notesからの乗り換え候補 Oracle OpenWorld Tokyo 2009レポート最後のページに・・・MCP ワロタ ≫ ≫

関連記事

Google Ads

One Response to “WordPressの構築:Livedoor BlogからWordPressへのブログ引っ越しネタ Part.4”

Leave a Reply

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>