≪ ≪ Smart アレイ E200 ベンチマーク(ファームウェア):ディスク速度ネタ Part.3 Smart アレイ E200 ベンチマーク(RAID0+1):ディスク速度ネタ Part.5 ≫ ≫

Smart Array E200のファームウェアのバージョンを1.80にアップし、ベンチマークの基礎データとしてディスク一本の速度を計測したのが前回までの話。

その基礎データが、これ↓。

ディスク単体のベンチマーク測定結果

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 116.457 MB/s
Sequential Write : 14.048 MB/s
Random Read 512KB : 42.604 MB/s
Random Write 512KB : 15.167 MB/s
Random Read 4KB : 0.629 MB/s
Random Write 4KB : 2.481 MB/s

Test Size : 1000 MB

このCrystalDiskMarkから得られる↑の形式は、多くの結果を比較する場合には読みづらいので、CSVファイルに加工するスクリプト(WSH)を作ってみた。

仕組みは単純で、実行するとスクリプトと同一フォルダ内にある拡張子"txt"のファイルから、情報を収集してCSVファイルを出力するだけ。

↓Jscriptです。

////////////////////////////////////////////////////////////
//
// CrystalDiskMarkの結果ファイルをCSVに変換
//
//---------------------------------------------------------
// 2009/4/8 NEW DRMG
////////////////////////////////////////////////////////////
var fso = new ActiveXObject("Scripting.FileSystemObject");
var fld = fso.GetFolder(".");
var fls = new Enumerator(fld.files);
var dat = new Array();
var rtn = "FileName,Date,Test Size,";
rtn += "Sequential Read,Sequential Write";
rtn += ",Random Read 512KB,Random Write 512KB";
rtn += ",Random Read 4KB,Random Write 4KB";
for (; !fls.atEnd(); fls.moveNext())
{
    if (fso.GetExtensionName(fls.item().Name) != "txt")continue;
    var stm    = fso.OpenTextFile(fls.item(),1);
    var wrk    = stm.ReadAll();
    stm.Close();
    rtn += "rn"+    fls.item().Name;
    rtn += ","+     wrk.match(/Date :s+([0-9/:s]*)rn/)[1];
    rtn += ","+     wrk.match(/Test Size :s+([0-9.]*)s/)[1];
    rtn += ","+     wrk.match(/Sequential Read :s+([0-9.]*)s/)[1];
    rtn += ","+     wrk.match(/Sequential Write :s+([0-9.]*)s/)[1];
    rtn += ","+     wrk.match(/Random Read 512KB :s+([0-9.]*)s/)[1];
    rtn += ","+     wrk.match(/Random Write 512KB :s+([0-9.]*)s/)[1];
    rtn += ","+     wrk.match(/Random Read 4KB :s+([0-9.]*)s/)[1];
    rtn += ","+     wrk.match(/Random Write 4KB :s+([0-9.]*)s/)[1];
}
var stm = fso.CreateTextFile(WScript.ScriptName+".csv", true);
stm.WriteLine(rtn);
stm.Close();

 

使ってみたい方は、↓からダウンロードできます。WSHが動作する環境で実行できます。
Download:CrystalDiskMark_txt2Csv.zip

 

このスクリプトでCSVファイルを作成し、Excelで加工した結果が、次の計測結果。

 

計測結果

で、まずはRAID0(StripeSize128KB)構成でのディスク本数増加にともなうパフォーマンス変化の計測結果。

DISK

1本

2本

3本

4本

Sequential Read

116.457

195.794

236.645

265.934

Sequential Write

14.048

25.636

37.605

47.325

Random Read 512KB

42.604

46.08

46.998

48.029

Random Write 512KB

15.167

24.105

37.42

39.686

Random Read 4KB

0.629

0.654

0.705

0.739

Random Write 4KB

2.481

3.259

3.875

4.443

(単位:MB/s)

 

主な環境

項目

ハードウェア

備考

サーバー

HP ML110 G5

 

アレイカード

Smart Array E200/128MB コントローラ

・キャッシュ比は、Read・Writeで50%づつ。
・物理ドライブ ライト キャッシュを無効に設定。

ディスク

HP 250GB 7.2K rpm Hot Plug SATA 1yr Warranty GB0250C8045 Hard Drive

・4本所有。
・ディスクのキャッシュ容量は不明だが使われない設定。
・ファームウェア Ver. 1.80

OS

Windows Server 2008 x64

・ディスクの書き込みキャッシュ無効。

 

上記の環境で、今回はRAID0構成のパフォーマンスを計測。

RAID0は、速度・容量のメリットが最も大きい構成ですが一本でもディスクが壊れるとデータが失われます。

運用が止まったり・データが失われても問題のない検証環境位でしか使えない構成ですが、自宅検証環境ならRAID0で問題ないのでメインの環境として使っていく予定で、私的には一番気になっている結果。

Sequential Read


うーん、ディスクの本数が増える毎に、速度の上昇幅が減ってますね・・・

さすがに綺麗に比例して速くはなってくれないようです。

他に、理想的にはディスクの本数倍に近い速度がでて欲しい所ですが、4本で265MB/sとちょっと遅いですね。

 

Sequential Write

綺麗に比例していますね。

1本で14MB/s、4本で47MB/sと、そこそこの速度が出ていますね。

 

その他

Random Readはディスク本数を増やす効果が殆どなく、Random WriteではSequential 程ではないものの速度メリットがあるようです。

128MBのキャッシュをどう考慮したものか、正直よくわかりませんが・・・

 

Smart Array E200 のRAID0構成は、Read系は遅い傾向にあるようですが、Write系は、ま~こんなもんかなと納得している所です。

 

つづく

≪ ≪ Smart アレイ E200 ベンチマーク(ファームウェア):ディスク速度ネタ Part.3 Smart アレイ E200 ベンチマーク(RAID0+1):ディスク速度ネタ Part.5 ≫ ≫

関連記事

Google Ads

One Response to “Smart アレイ E200 ベンチマーク(RAID0):ディスク速度ネタ Part.4”

  1. Murat より:

    You can always tell an expert! Thanks for conniibutrtg.

Leave a Reply

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>