≪ ≪ Seagateのディスク不具合にHP USB Floppy Drive Key がやっと役に立つかとおもいきや・・・ Smart アレイ E200 ベンチマーク(RAID0):ディスク速度ネタ Part.4 ≫ ≫

念のため、SmartアレイE200のファームウェアのバージョンアップを行い、パフォーマンスの変化を計測してみた。

2008年夏あたりに購入した、Smart Array E200のファームウェアのバージョンは、1.72(前回までの計測に使っていたバージョン)。

最新のバージョンは、「HP SmartアレイE200コントローラ - ドライバ&ダウンロード Microsoft Windows Server 2008 x64」にあり、1.80。
(「ファームウェア - ストレージ コントローラ」を参照。)

 

元々、使っている環境を壊す訳にもいかない状況の時に計測したので、ディスク単体構成とディスク×3本RAID0構成で比較を行う。

データ入っており半年程動かした環境なので、バージョン1.72の結果は、少し不利な結果かもしれません。

 

ベンチマーク結果:ディスク単体構成

Smart Array E200 ファームウェアバージョン 1.72

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 116.547 MB/s
Sequential Write : 14.096 MB/s
Random Read 512KB : 42.193 MB/s
Random Write 512KB : 14.224 MB/s
Random Read 4KB : 0.628 MB/s
Random Write 4KB : 2.442 MB/s

Test Size : 1000 MB

Smart Array E200 ファームウェアバージョン 1.80

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 116.457 MB/s
Sequential Write : 14.048 MB/s
Random Read 512KB : 42.604 MB/s
Random Write 512KB : 15.167 MB/s
Random Read 4KB : 0.629 MB/s
Random Write 4KB : 2.481 MB/s

Test Size : 1000 MB

ん~、ディスク単体では、ファームウェアバージョンアップによる、パフォーマンスの大きな差はないですね。

 

ベンチマーク結果:ディスク×3本 RAID0構成

Smart Array E200 ファームウェアバージョン 1.72

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 250.227 MB/s
Sequential Write : 27.422 MB/s
Random Read 512KB : 34.761 MB/s
Random Write 512KB : 21.589 MB/s
Random Read 4KB : 0.426 MB/s
Random Write 4KB : 3.810 MB/s

Test Size : 1000 MB

Smart Array E200 ファームウェアバージョン 1.80

————————————————–
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
————————————————–

Sequential Read : 236.645 MB/s
Sequential Write : 37.605 MB/s
Random Read 512KB : 46.998 MB/s
Random Write 512KB : 37.420 MB/s
Random Read 4KB : 0.705 MB/s
Random Write 4KB : 3.875 MB/s

Test Size : 1000 MB

ん~、 Sequential Read 以外はパフォーマンスが向上している様に読み取れます。
(2~3回計測してみたのですが、同じ傾向でした。)

新しいファームウェアの方が、全体的なパフォーマンス向上に繋がりそうですので、今後の計測にはバージョン1.80のファームウェアを使用する事にします。

≪ ≪ Seagateのディスク不具合にHP USB Floppy Drive Key がやっと役に立つかとおもいきや・・・ Smart アレイ E200 ベンチマーク(RAID0):ディスク速度ネタ Part.4 ≫ ≫

関連記事

Google Ads

Leave a Reply

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>