≪ ≪ 「Linuxサーバー構築標準教科書」:Windowsに知識が偏っている私がHyper-V上でCentOSの基礎学習を行ってみる Part 3 水没した携帯電話の再利用ネタ・・・ (゚∀゚∩ ≫ ≫

一時的ですが米国でBingシェアが再度2位に浮上したようです。

米国2009年7月9日にBingが12.9%でYahoo!が 10.5%と2.4%の差を付けて1日のみ2位に浮上していました。

線グラフでみると、Yahoo!を抜いたとは言えYahoo!のシェアが安定しているのは相変わらず。

Bingのシェア向上の原因は、Googleから奪ったシェアと読み取れます。

Bingとシェアを競っている位置にあるのはYahoo!なのですが、実際にシェアを奪っている相手はGoogleという面白い構図が分かります。

 

今回の一時的なシェア向上は、2009年7月9日のニュースから、Hotmailの機能強化あたりが原因と推測できそうです。

「MS、Hotmailの新しいQuick Addメニューで「Bing」機能との統合強化:ニュース - CNET Japan」

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20396471,00.htm

「Microsoft,Hotmail作成画面で「Bing」検索結果を直接挿入可能に - ニュース:ITpro」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090710/333552/

「Bing普及に拍車が掛かるか:Microsoft、Bingの検索結果をHotmailに挿入できる「Quick Add」発表 - ITmedia エンタープライズ」

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0907/10/news014.html

 

 

StatCounterのレポートを貼り付けておきます。

 

■地域別検索エンジンシェア

WorldWideの検索エンジンシェア

 

米国の検索エンジンシェア

 

日本の検索エンジンシェア

 

中国の検索エンジンシェア

 

韓国の検索エンジンシェア

 

アジア地域の検索エンジンシェア

 

ヨーロッパ地域の検索エンジンシェア

 

オセアニア地域の検索エンジンシェア

 

■ニュース記事のイイとこどり

「MS、Hotmailの新しいQuick Addメニューで「Bing」機能との統合強化:ニュース - CNET Japan」

http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20396471,00.htm

Microsoftは、同社のウェブメールサービス「Windows Live Hotmail」をアップデートし、「Bing」検索との統合を強化した。2009年に入ってから一部のユーザーに対して導入されたHotmailの「Quick Add」メニューは、地図や映画上映時間、レストラン、画像、動画を迅速にウェブ検索できるようにするものだ。これまでは「Windows Live」検索が使われていたが、米国時間7月9日からはBingの検索結果が使用されるようになった。

 

「Microsoft,Hotmail作成画面で「Bing」検索結果を直接挿入可能に - ニュース:ITpro」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20090710/333552/

Hotmailの新規メール作成画面でBingによる検索を実行し,検索結果をメールに挿入して送信することが可能。レストランのレビューや映画の上映時間,画像,ビデオ,地図などの情報を直接挿入できる。

 

「Bing普及に拍車が掛かるか:Microsoft、Bingの検索結果をHotmailに挿入できる「Quick Add」発表 - ITmedia エンタープライズ」

http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0907/10/news014.html

現在この機能を使えるのは米、英、カナダ、オーストラリア、中国、インドのユーザーのみ。

 

「MicrosoftのBing、検索シェアで再度Yahooを抜く」

http://jp.techcrunch.com/archives/20090710bing-leapfrogs-yahoo-search-again/

新しいデータによると、Bingは、comScoreのデータ同様、アメリカ市場で躍進し、12.9%のシェアを得ている。 これによってBingはYahoo Search(10.15%)を抜いた。マウンテンビューの巨人、Googleは依然、お山の大将で、アメリカで75%のシェアを確保している。

 

ニュースは、めっきり減りましたね~

そんな状況でもBingが再度米国で2位に浮上するとは、日本での正式版公開が待ち遠しい所です。

≪ ≪ 「Linuxサーバー構築標準教科書」:Windowsに知識が偏っている私がHyper-V上でCentOSの基礎学習を行ってみる Part 3 水没した携帯電話の再利用ネタ・・・ (゚∀゚∩ ≫ ≫

関連記事

Google Ads

Leave a Reply

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>