≪ ≪ 「Linuxサーバー構築標準教科書」:Windowsに知識が偏っている私がHyper-V上でCentOSの基礎学習を行ってみる Part 1 Naverβサービス公開:日本で3位を目指すならBingがベータ版のうちが勝負ですね ≫ ≫

今週のポイントは、26日の米国のBingのシェアとなります。

惜しくも Yahoo!を抜いて2位に浮上するまでは行かなかったようですが、Yahoo!のシェアが9.99%なのに対してBingのシェアが9.69%までと残り0.3%まで迫っています。

近々、再度Yahoo!のシェアを抜く事があるかもしれませんね。

 

他に大きな変化は無いようですが、せっかくStatCounterで調べてみたので結果を貼り付けておきます。

 

WorldWideの検索エンジンシェア

 

米国の検索エンジンシェア

2009年6月25日~27日を抜粋。

 

日本の検索エンジンシェア

 

中国の検索エンジンシェア

 

韓国の検索エンジンシェア

 

アジア地域の検索エンジンシェア

 

ヨーロッパ地域の検索エンジンシェア

 

オセアニア地域の検索エンジンシェア

 

■ニュース・記事等

Web上のニュースや記事は、かなり落ち着いてきましたね。

「好調なMicrosoftの新検索エンジン「Bing」,ただし「目標達成までは遠い」とBallmer氏:ITpro」

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090619/332246/

「流行トピックのトレンドの表示機能でGoogleはBingに負けている」

http://jp.techcrunch.com/archives/20090621when-it-comes-to-search-trends-google-is-lagging-behind-bing/

「マイクロソフト、「MSN」を2009年秋に刷新へ : CNETニュース : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)」

http://www.yomiuri.co.jp/net/news/cnet/20090622-OYT8T00413.htm

「調査結果: BingのデザインはGoogleのより好評だが検索エンジン乗り換えの理由にはならない」

http://jp.techcrunch.com/archives/20090625study-suggests-people-prefer-bings-design-to-googles-but-still-wont-switch/

 

最近、MSDN・TechNetの検索エンジンとしてBing既定値となっている事に気付きました。

MS製品の技術情報を検索する場合は、自然とBingを使っている事になる事は上手いやり方ですね。

ひょっとして、この辺も検索エンジンシェアの数値に影響を与えているのであれば、Bingの利用者層の内訳は他の検索エンジンと異なっているのかもしれません。

≪ ≪ 「Linuxサーバー構築標準教科書」:Windowsに知識が偏っている私がHyper-V上でCentOSの基礎学習を行ってみる Part 1 Naverβサービス公開:日本で3位を目指すならBingがベータ版のうちが勝負ですね ≫ ≫

関連記事

Google Ads

Leave a Reply

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>