≪ ≪ うぬぼれやで・・・ XML Master Dom実験用HTML(MSXML) ≫ ≫

交渉を「勝つか負けるか」のサバイバルゲームのように考えている人は、目的が「合意」である話し合いになどには、はじめから関わりたくないそうな。

彼らの目的は、あくまでも「勝利」であり、その基本姿勢は、「自分の言い分は自分のもの、相手言い分は交渉可能」だそうだ。

(見事なジャイアニズムだ、確かにいるよこういう人。ややウケ。。)

で、こういう相手との交渉方法は。。。

ステップ1:自分自身の態度をコントロール

ステップ2:交渉相手の武装解除

ステップ3:ゲームのやり方を変えよ

ステップ4:交渉相手が”イエス”と言いやすいように話を進めていく事

ステップ5:交渉相手が”ノー”と言いにくくなるように話を進めていく事

といった内容が、書かれている様なのだけど、

自分の中で、ちゃんと消化しきれませぬ。。。

むずかし。。

【参考】ハーバード流 “No”といわせない 交渉術

≪ ≪ うぬぼれやで・・・ XML Master Dom実験用HTML(MSXML) ≫ ≫

関連記事

Google Ads

One Response to “「交渉は勝つか負けるかのサバイバルゲームではない。」”

  1. Ngan より:

    Normally I’m against killing but this article slerghtaued my ignorance.

Leave a Reply

You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>